讃岐うどんは温かいのと冷たいの、どちらがおすすめ?あつひやとは?

公開日: 2024/05/15 最終更新日: 2024/02/01

四季折々の魅力が広がる讃岐うどん。温かいうどんはコシと喉越し、冷たいうどんは爽やかな食感が楽しめます。そして、あつひやには独自の食べ方があるのが特徴です。この記事では、温かいうどんと冷たいうどんのそれぞれの魅力やあつひやとは何かに迫ります。うどん愛好者も初めての方も、どちらがお好みか迷っている方も必見です。

温かい讃岐うどんの魅力

日本のうどん文化においてとくに注目されるのが、香川県発祥の讃岐うどんです。讃岐うどんの美味しさや独自の製法は、国内外で多くのファンを魅了しています。とくに、温かい状態でいただく讃岐うどんにはその独自の魅力があります。

讃岐うどんは温かいものが一般的

一般的な讃岐うどんは、温かいだしの中に浸されて提供されます。この出汁は昆布や鰹節からとったもので、深い味わいがうどんと絶妙な調和が特徴です。温かなだしの中でもちもちとした麺をすする瞬間は、贅沢で心地よいものであり、寒い季節にこそその温かさが心地よさを倍増させてくれます。

温かい讃岐うどんのバリエーション

また、讃岐うどんにはさまざまな具が添えられることがあります。温かいうどんには、ふんわりと揚げたてんぷらがのったかけうどんや温泉卵やねぎがアクセントのたまごうどんなどがあります。これらの具材がうどんと調和し、食べる人は季節感や風味の異なる味わいを楽しめます。

地域ごとに微妙に異なる製法や風味

讃岐うどんは、その地域ごとに微妙に異なる製法や風味をもちながら、どこで食べてもその美味しさが共通しています。温かい讃岐うどんは、その独自の製法と風味、そして温かさが融合して、食べる者に季節ごとの心地よさを届けてくれる料理のひとつです。どこか懐かしい味わいと、心温まる温かさを求めるなら、ぜひ一度温かい讃岐うどんを味わってみてください。

冷たい讃岐うどんの魅力

讃岐うどんは、そのもちもちとした食感と優れたコシで知られ、冷たいバージョンもまた一味違った魅力を放っています。夏場には特にその爽やかな風味が食欲をそそります。冷たい讃岐うどんは、その独自の製法と風味が融合し、暑い季節に最適なさっぱりとした料理の代表格です。

冷たい讃岐うどんはざるうどん

冷たい讃岐うどんは、一般的にはざるうどんとして提供されます。茹で上げたうどんを冷水で急冷し、ざるに盛り付けられ、付け出しや薬味とともに供されます。このシンプルなスタイルが、うどん本来の味わいを最大限に引き出します

ざるうどんの特徴は、うどんのもちもちとした食感が冷たいつゆと相まって、暑い季節にぴったりなさわやかな味わいを生み出すことです。冷たいつゆは、昆布や鰹節からとったもので、薄口でありながらも深い味わいが広がります。うどんは冷たいうえにもちもちとした食感をもつため、これらの要素が絶妙に調和して、食べる者に心地よい爽快感をもたらします。

冷たい讃岐うどんのバリエーション

また、冷たい讃岐うどんには、ほかにもさまざまな具材をトッピングしたり、さまざまなバリエーションが存在します。冷たいながらも飽きのこない味わいは、日本の夏に欠かせない一品となっています。手間ひまかけて作り上げられた讃岐うどんが、夏の日に心地よいひとときを提供してくれます。ぜひ、この季節になったら冷たい讃岐うどんを試して、その独自の魅力を堪能してみてください。

あつひや・ひやあつとはどういう食べ方?

あつひやおよびひやあつは、讃岐うどんの特有な食べ方で、これらのネーミングには麺の温度と出汁の温度が関わっています。まず、あつひやはあつ(温かい麺)を指し、ひや(冷たい出汁)でいただくスタイルです。対照的に、ひやあつはひや(冷たい麺)をあつ(温かい出汁)で楽しむ食べ方です。

あつひやの魅力

あつひやでは、温かいうどんを冷たいつゆに入れていただくスタイルです。これにより、うどんが温められて柔らかくなり、冷たいつゆとのバランスが絶妙に調和します。とくに、子どもにとっては食べやすく、最後までつゆを飲みやすい特徴があります。

ひやあつの魅力

一方、ひやあつは冷たいうどん玉をどんぶりに盛り、熱い出汁をかけていただくスタイルです。これにより、うどんが温かい出汁に触れることでぬるくなり、一口ごとに温かさを感じることができます。このスタイルは、麺のコシを楽しめ、具体的にはぶっかけうどんが代表的です。

ネーミングの意味

この二つの食べ方のネーミングには意味があり、あつひやでは最初に温かい麺を、次に冷たい出汁を指すのに対し、ひやあつでは冷たい麺に温かい出汁をかける順番となります。これらの微妙な違いは、うどんの味わいに影響を与え、讃岐うどんを愛する人々にとって楽しみのひとつです。

食べ方は、季節や気分によっても選ぶことができ、讃岐うどんのバリエーション豊かな魅力を堪能できます。どちらも讃岐うどん独特の食文化であり、その奥深さを味わいながら、うどん愛好者たちは自分好みの一杯を見つけています。

まとめ

讃岐うどんは温かいものと冷たいもの、どちらも独自の魅力があります。温かいうどんはコシが強く、ほっこりとした味わい。一方、冷たいうどんはさっぱりとして夏にぴったり。あつひや・ひやあつは、麺と出汁の温度の組み合わせを指し、微妙な味の変化が楽しめます。季節や好みによって選べ、讃岐うどんの奥深い楽しみ方を味わえます。どちらも讃岐うどん文化の一部であり、自分好みの一杯を見つける喜びがあるでしょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

四季折々の魅力が広がる讃岐うどん。温かいうどんはコシと喉越し、冷たいうどんは爽やかな食感が楽しめます。そして、あつひやには独自の食べ方があるのが特徴です。この記事では、温かいうどんと冷たいう

続きを読む

讃岐うどんの魅力をご自宅で味わいたいなら、冷凍うどんと生うどんのどちらをお取り寄せしたらよいのでしょうか?本記事では、美味しさや利便性を比較し、通販サイトでのお取り寄せのポイントを解説します

続きを読む

強いコシともちもちとした弾力が魅力の讃岐うどん。自宅でも食べたいと思った時に便利なのが通販ですが、麺の種類は1種類ではありません。生麺や半生麺、乾麺から選ぶことができるので迷ってしまう人も多

続きを読む

乾麺や冷凍など、スーパーでもよく目にする讃岐うどん。普通のうどんとどう違うの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。見た目ではその違いを見分けることが難しい讃岐うどんと普通のうどんですが

続きを読む

他のうどんと讃岐うどんで明確な違いがあるのはご存知ですか?讃岐うどんと名前が付けられているだけあって、他のうどんとは明確な違いがあります。本記事では讃岐うどんの味、讃岐うどんの魅力を最大限に

続きを読む

会社名:株式会社アンクス 住所:〒8920843 鹿児島県鹿児島市千日町13-18 TEL:0992185262 受付時間:10:00~17:00 ※土日祝日は電話受付しておりません。 香川

続きを読む

老若男女好きな人が多い麺うどん。夏は冷やして、冬はあったかくして一年中おいしく食べられるのが魅力のひとつです。とくに讃岐うどんは麺にコシがあり人気があります。うどんといってもその味は業者によ

続きを読む

おすすめポイント ・国内800を超える店舗数 ・100%国産小麦を使用した打ち立ての麺を味わうことができる 麺の種類 生麺 受賞歴・メディア実績 記載なし 会社情報 株式会社丸亀製麺 東京都

続きを読む

日本のソウルフードのひとつであるうどん。そのなかでも半生麺は、生麺のようなもちもち食感を味わえるうえに日持ちするので、贈答用としても人気です。通販でも多くの製品が販売されていますが、種類豊富

続きを読む

おすすめポイント ・楽天のエリア賞を2年連続獲得 麺の種類 生麺 受賞歴・メディア実績 SHOP OF THE AREA2021、2022、中国・四国エリア賞など 会社情報 株式会社築地ばん

続きを読む